【復興城主】熊本城の復旧・復元を目指して!

投稿者: | 2020年9月9日
出典:熊本城

波乱と栄華に満ちた「熊本城」400年のものがたり。

 慶長12(1607)年、茶臼山と呼ばれた台地に加藤清正が当時の最先端技術と労力を投じた、名城熊本城が完成します。以後、熊本城は400年に亘る日本の様々な歴史の重要な舞台となっていきます。加藤清正から細川氏、宮本武蔵、谷干城など歴史に名を刻んだ歴史ドラマの主人公たちが繰り広げる熊本城400年の歴史


熊本城の復旧・復元への寄附について

 平成28年熊本地震により熊本城は甚大な被害を受け、その復旧・復元は、長い年月と莫大な費用を要することが見込まれています。 熊本城の復旧・復元に1万円以上の寄附をしていただいた方に、熊本城の復興城主として「城主証」と「城主手形」(個人でのご寄附に限ります)をお贈りします。etc…

熊本県熊本市:城主証・城主手形(ふるさとチョイス)


この度、健生リエゾン協議会として復興城主にならせていただきました。 熊本城近くの観光交流施設「桜の馬場 城彩苑 湧々座」のデジタル芳名板に団体名称が掲示していただけるそうなので、お立ち寄りの際はご覧ください。